概説

概説

電気によって音を出す機器にチャイムやブザーやベルなどがあるが、これらは電気を大きな音に変えることだけを目的とするため、共鳴を利用して固有の音を発生させている。
それに対してスピーカーは、音の波をマイクロホンなどで電気信号の波に変換したものから、再び元の音の波に戻すことを目的としている。
したがって、電気信号の波を忠実に音の波へ変換することが目標となるため、共鳴などによる固有の音はできるだけ排除されるように作られている。
スピーカーは、肉声をその場で拡大して遠くまで伝えるためのメガホンや、受信された音声電気信号を音に変える携帯電話やラジオ、そして、音楽などを良い音で再生するための高級オーディオなど、様々な機器に組み込まれ、それぞれの目的に適応した多くの型がある。

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net